わきが対策クリーム「ラポマイン」購入前に知っておくべきこと

わきが対策というと、まず最初に考えるのが制汗剤やデオドラントといった商品での臭い対策ですよね!

私はこれまでに何種類もの制汗剤を使用してきのですが、主にドラッグストアなどで販売されている市販のものばかりでした。

自分のわきがの悩みを少しでも軽くするために、ネットで色んなわきが対策商品を調べてみたのですが、様々なサイトで紹介されているのが「ラポマイン」という商品でした。

商品の紹介ページも、わきが臭にかなり効果が高いという内容で、当然ながら私自身気になったのですが、もしかしたらあなたもラポマインのことが気になってるかもしれませんね!

そこで今回は、わきが対策クリーム「ラポマイン」の購入前に知っておくべきことをまとめてみたいと思います!

わきが対策クリーム「ラポマイン」

わきが対策クリームのラポマインについて、見やすく分かりやすくするためにいくつか項目に分けて検証してみたいと思います。

慌てて購入する前に、しっかりと予備知識を身につけてから検討してみてくださいね!

ラポマインってどんな商品?

まず、わきが対策クリーム「ラポマイン」はこんな方におすすめの商品となっています。

  • わきの臭いが気になる
  • 市販の商品では消臭効果に満足できない
  • クリームタイプのベタつきが気になる
  • 敏感肌だから制汗剤でかぶれたことがある

いかがですか?
私の場合、クリームタイプを使用した時の若干のベタつきはそれほど気になりませんが、他の3つに関しては全て該当してます…。

おそらくですが、本気でわきがに悩んでいて制汗剤やデオドラントに満足できているという方はそれほど多くはないのではないでしょうか?
早速ですが、項目別に検証してみます!

1.わきの臭いが気になる

これに関しては言うまでもないでしょう。
わきの臭いが気になるから訪問していただいているのだと思います。

2.市販の商品では消臭効果に満足できない

あるあるだと思いますが、私は頻繁に制汗剤を変えています…。
新商品が出ると試したくなりますし、「もっと消臭できて、持続効果が高い制汗剤はないの?」って潜在的に思っています。

では、どんな制汗剤なら満足できるのでしょうか?

まず、わきが体質の場合、スプレータイプはおすすめできないです。
夏場は誰でも使っているので、汗対策としてはいいのかもしれないですけど、わきが体質の場合には冬場でも油断できません!
関連わきが対策にはスプレーの制汗剤よりクリームタイプがおすすめの理由

冬場に制汗スプレー使ってたら「この人わきがなのかも?」って思われますし、使用するときも場所に困ります。

それと、スプレータイプはほとんどが制汗パウダーを吹き付けるような感じなので、脇汗かいたらすぐに効果が薄れてしまうのが難点です。

そこを考えると、クリームタイプならトイレなどでスッと塗れますし、汗に強く密着性が高いので効果も長続きします。

ですから私自身、今のところ制汗剤はクリームタイプを使用しています。

3.クリームタイプのベタつきが気になる

クリームタイプのベタつきに関して、私はそれほど気にならないのですが、ラポマインは塗った後もサラサラ感があります。

ベタつきが気になる方にとっては重宝するポイントかもしれません。

4.敏感肌だから制汗剤でかぶれたことがある

制汗剤かぶれについては重要なポイントです。
私は毎日のように制汗剤を使っているので経験したことがありますが、脇の下がかゆくなったりした経験ありませんか?

この制汗剤によるかぶれについて調べてみたのですが、脇の下はすごく皮膚がデリケートです。

市販の制汗剤やデオドラントとよばれる商品について調査してみると、酸化防止剤や防腐剤、香料といったかぶれを起こす可能性のある成分が入っているわけです。

特に、酸化防止剤などとして使用される「BHT」という成分は表示指定成分にもなっていて、皮膚炎を起こす可能性があります。

必ず発症するわけではないのですが、敏感肌の方は注意した方がよいでしょう。

ラポマインは他のデオドラントと何が違うの?

では、ラポマインは他の制汗剤やデオドラントと何が違うのかということについて検証してみます。

1.従来と逆の発想!重要なのは「保湿」
「汗で臭いがするのに保湿???」
と思ってしまうのですが、この原理はフェイシャルケアでも同じです。

オイリー肌の人は、とにかく洗顔などで皮脂を落とそう落とそうとしてしまいがちですが、洗いすぎはかえって逆効果だといいます。お肌は乾燥すると余計に汗や皮脂を分泌する構造になっているからなんです。

ですから、適度な湿度を保っていれば無駄に皮脂が分泌されることを防ぐことができるため、ラポマインはあえて脇の下を保湿することによって余計な皮脂を分泌させないようにします。

主要成分であの臭いを97.7%カット

ラポマインに使用されている消臭成分は「柿渋エキス」「イソプロピルメチルフェノール」です。

柿渋エキスってここ数年で体臭改善の場面でよく聞くようになった成分ですよね?
柿の葉って殺菌効果・消臭効果があるらしく、柿の葉寿司ってものがあるように昔から使われてきているんですね。

【参考:柿の葉寿司(ウィキペディア)
800px-Kakinohazusi

その消臭効果は今でもよく使用される「茶カテキン」の25倍ですって!
25倍ってことは、手持ちが400円か10,000円かの違いってことです(笑)
う~ん、相当違いますね…。

で、もうひとつの「イソプロピルメチルフェノール」ってのは制汗剤やデオドラントでも使用される成分なんですけど、ラポマインはこの成分をナノ化することによって脇の角質まで浸透させることによってわきがの臭いを根元から消臭してくれるんですって!
shintou

赤ちゃんでも使える安心の無添加

さっきもお話ししたんですけど、私みたいに制汗剤やデオドラントでかゆくなったりする人にとっては無添加というのは安心です。こういうのってヘビーに使うんでお肌に優しいのが一番!
circle-06-img04

抑毛・黒ずみにも効果を発揮

わきが対策クリーム「ラポマイン」とは言いつつも、なんと!抑毛や黒ずみにも効果を発揮してくれるんですって!

ビタミンCを配合してあるので、長期的に使用することによってメラニンの生成による黒ずみには効果があるらしく、また、11種類のイソフラボンの効能によって脇の毛が伸びるスピードを遅くする効果もあるようです♪

安心の全額返金保証

これはありがたいですね!
結局は実際に使用してみないとわからないわけですし、使用感は人それぞれなので買って失敗したってことにはなりたくないですもんね!

他にも類似品はあるのですが、調べた感じだと最長の90日間全額返金保証なので安心です。
henkin

入者の評価はどんな感じ?

ここでは実際に購入した人がどんな評価をしているのか覗いてみたいと思いますね。
公式サイトにも口コミはあるんですけど、第3機関の評価を見た方が信憑性が高いかと思いますので見てみましょう!
※公式サイトの口コミを否定するものではありません

kuchikomi1

kuchikomi3

kuchikomi2

超大手のサイトから引用させていただきましたが、全体的に評価は高いというのが印象です。
市販のものから変えて良かったとか、リピート購入の方も多いようなのですが、次の項目のデメリットでもお話ししますが、いいものだからこそだとは思うんですけど、その値段がネックになる方も多いようです。

ポマインを購入するメリット・デメリット

わきが対策クリームとしてはかなり効果的と思われるラポマインですが、購入するにあたってメリットとデメリットを簡単にまとめてみたいと思いますので参考にしてみてください♪

メリット1
  市販品よりは消臭持続効果が高い
メリット2
  無添加なので制汗剤かぶれが起きにくい
メリット3
  万が一気に入らなくても全額返金保証がある
デメリット1
  値段が高い
デメリット2
  内容量が少なめ

この記事をまとめながら正直私も使ってみようと思いました♪
内容的には十分そうですし、ホント評判がいいですね!

逆に、これ使ってどうしようもなければ本気で私も手術考えてみるしかないかなぁ…みたいな(汗)
とにかく、ここでは伝えきれなかった内容などは公式サイトでも詳しく解説してあるので興味あったら見てみてくださいね♪

button_003

この記事のまとめ

  • 制汗剤はクリームタイプがおすすめ
  • ラポマインは消臭持続効果が高く、かぶれる危険性が少ない
  • わきが対策クリーム「ラポマイン」は大手口コミサイトでも評価が高かった
  • 購入時の最大のデメリットは値段
  • 管理人もラポマインが欲しいと思った(笑)

\シェアしていただけると嬉しいです/

フォローする