わきが対策にはスプレーの制汗剤よりクリームタイプがおすすめの理由

わきがにはスプレーかクリームか
わきが対策というと制汗剤で消臭したり脇汗を抑えるというのが基本ですよね。

ただ、制汗剤(制汗デオドラント)といっても、スプレーやロールオン、クリームなど、夏になると新商品も増えてきてどれを使うのが効果的なのか判断に困ってしまうことがあると思います。

以前は制汗剤というとスプレーが一般的だった印象ですが、最近の主流はロールオンやクリームといった直塗りタイプとなっています。では、わきが対策にはスプレータイプの制汗剤は向いていないのか?また、なぜ直塗りタイプがおすすめなのかということについてお話していきますので制汗剤選びの参考にしてみてください。

わきが対策にスプレータイプの制汗剤がおすすめできない!?

結論から言ってしまうと制汗スプレーはわきが対策にはおすすめできません。

一番の理由としては消臭持続効果が低いからですが、デメリットばかりではなくメリットもあります。それでは、スプレータイプの制汗剤のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

スプレータイプの制汗剤のメリット・デメリット

①消臭持続効果が低い
制汗スプレーは色んなメーカーから発売されていますが、ほとんどがパウダー式で、非常に小さな粉末状の成分を噴射することによって制汗効果を発揮します。

冷却効果もあるために瞬間的には優れた効果を発揮しますが、パウダーの特性上水分に弱く、汗をかくと有効成分が流れやすいという問題点があります。

②一日に何度も使用する必要がある
上記と重複しますが、制汗スプレーの場合は持続効果が低いために特に汗をかいたときには再度使用する必要があります。

すぐにトイレや更衣室などで使用できればよいのですが、状況によってはできない場合もあるため臭いが気になりがちですし、冬でも脇汗や臭いが気になりやすいわきが体質の場合、使う場所によっては「冬場に制汗剤=わきが」という偏見を持たれることが気になってしまうことも難点です。

③制汗剤かぶれを起こしやすい
スプレーに限らず、市販の制汗剤の場合には酸化防止剤や防腐剤だったり、スプレーに限って言うと冷却剤などの添加物が含まれる場合が多いです。

実はこういった添加物がかゆみやかぶれの原因であり、継続的な使用や過度の使用によって症状が現れてしまいます。スプレーの場合には低温やけどを起こす危険性も否めません。

④瞬間的に清涼感やサラサラ感を得られるメリットもある
デメリットばかり並べてしまいましたが、メリットはもちろんあります。

まず、制汗スプレーは他の制汗剤に比べると安いです。また、瞬間的にひんやりとしますし、一瞬でサラサラ感を得ることができます。

「わきがではない~軽度のわきが」程度の方であれば、ご紹介したデメリットをクリアできればスプレーで十分でしょう。

わきが対策にはクリームタイプの制汗剤がおすすめされる理由

ここまでスプレーについてのメリット・デメリットについてお話しました。

わきが対策としての制汗剤の場合、クリームタイプなどの塗るタイプの制汗剤がおすすめされる場合が多いと思いますが、単純にスプレーのデメリットをカバーできているため、特に臭いが気になりやすいわきが体質の方にはおすすめということになります。

それでは、どんなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

クリームタイプの制汗剤のメリット・デメリット

①消臭持続効果が高い
スプレーのデメリットに対して逆になるのですが、クリームの制汗剤の場合、その特性上水分に非常に強いため効果の持続性が高いということが最大の特徴だといえます。

女性の場合、ファンデーションでいうとパウダーかリキッドのどちらがカバー力があるかと考えるとわかりやすいかと思います。

②朝塗るだけでOK
持続力があるためにスプレーのように何度も塗る必要がありません。

また、万が一塗りなおす場合にもトイレなどでこっそり塗ることができるために、人前でスプレーするのに抵抗があるという方でも人目を気にせず塗り直しができるのでメリットだといえます。

③無添加の商品もあるため制汗剤かぶれしにくい
クリームタイプでも添加物を含んだ商品もありますが、敏感肌用に無添加でつくられた制汗剤もあり、アレルギー体質であったり敏感肌の場合にはかゆくなったりかぶれたりする可能性が極めて低いため安心です。

添加物は脇の黒ずみの原因にもなりかねませんが、少し良い商品になると黒ずみにも効果の期待ができる有効成分が含まれる場合もあるためおすすめです。

④スプレーに比べると割高なのはデメリット
比較的安いスプレータイプの制汗剤に対し、クリームタイプは良い商品になると数千円~というかなり割高な値段設定となっています。

成分や持続力をとるのか、多少妥協しても値段が安い物を使うのかというのは状況次第と思いますが、違いはあるということを把握しておく必要があるかもしれませんね。

わきがでスプレーが効かないという方はクリームを試してみてください

このサイトではわきがであるということを基準にお話しているため、あなたが軽度のわきがであったり、そもそもわきがではないという場合には制汗スプレーでも十分だと思います。

もちろん、制汗剤かぶれなどのかゆみを起こしやすい場合にはクリームタイプの無添加をおすすめしますが、中程度以上のわきがで、スプレーが効かない・満足していないのであればクリームタイプでおすすめの下記商品を試してみてはいかがでしょうか?

クリアネオ【クリームタイプ】

クリアネオ
 殺菌効果99.999%
 わきがの臭いを10秒でストップ
 無添加・無香料

使用者の継続使用率(リピート率)が97%あり、特にわきが体質の方から人気のある制汗剤です。

日本防菌防黴学会賛助会員の(株)ユニオンバイテック社によるテストにて殺菌率99.999%ということが実証されており、芳香消臭脱臭剤協議会会員のリリース科学工業株式会社のテストでは使用開始から30分後の消臭実験で抜群の効果が実証されています。

\シェアしていただけると嬉しいです/

フォローする