わきがはオロナインで治るのか検証してみた!

わきががオロナインで治るという噂を耳にしたことがありませんか?

もしも本当にわきががオロナインで治るのであれば素晴らしいことだと思うのですが、オロナインの成分などとわきがの原因から考察して事実なのかどうか確かめてみたいと思います。
[br num=”1″]

オロナインはそもそもどんな薬?

オロナインというと、こちらの「オロナインH軟膏」が一般的だと思うのですが、基本的な効能としては「にきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、たむし、いんきん、しらくも」となっており、当然ながら“わきが”という項目は表示されていません。

クロルヘキシジングルコン酸塩液という成分(オロナインH軟膏には20%)が有効成分として使用されているのですが、これが殺菌作用のある成分なんです。

その他、添加物として以下のような成分が配合されています。

●ラウロマクロゴール
●ポリソルベート80
●硫酸Al/K
●マクロゴール
●グリセリン
●オリブ油
●ステアリルアルコール
●サラシミツロウ
●ワセリン
●自己乳化型ステアリン酸グリセリル
●香料
●精製水

詳しく解説すると趣旨からずれてしまうので割愛しますが、界面活性剤、収れん、保湿、乳化などといった効果を持つ成分となっています。

ちなみに、オロナインH軟膏は第二類医薬品となっています。

第二類医薬品とは、第一類医薬品以外で、副作用等によって、日常生活に支障をきたすほどの健康被害が生じるおそれがある医薬品。

[br num=”1″]

わきががオロナインで治るという根拠はない!

商品の成分を踏まえたところで本題の「オロナインでわきがは治るのか?」というお話なのですが、答えから言うと…

『オロナインでわきがは治らない!』

ということです。

確かに、殺菌成分や収れん作用のある物質がが配合されているので、わきがの臭いの原因菌の増殖を防ぐ効果は見込めるかもしれません。

しかしながら、わきがの原因というのは皮膚の表面ではなく、その奥にある“アポクリン腺”なのでそれを除去しない限り「治る」ということはありません。
[br num=”1″]

実際に塗ってみたらどうなる?

私自身、この都市伝説は全く信じていなかったのですが、自分で試してお話ししなければと思い実際に試してみました。

もし機会があればこの話を聞いていただいているあなたにも試していただきたいのですが、簡潔にまとめてみます。

  • 塗った直後からベタベタ感があって気持ち悪い
  • 脇汗をかき始めると余計に気持ち悪い
  • 消臭効果はないので臭い始めたらどうしようもない

といった感じで、残念な結果となってしまいました…。

結局ですが、わきがを治すには治療や手術に頼るしかありませんし、消臭するには専用の制汗剤などでケアするのが一番です。

【制汗剤ランキング】実際に使って良かった制汗剤5選
わきがの手術や治療方法について

\シェアしていただけると嬉しいです/

フォローする