わきがでシャツに黄ばみや汗染みが!洗濯で落ちにくいシミの落とし方

シャツの黄ばみや汗染み
「あれ?シャツの脇部分に黄ばみが!!」

という経験がありませんか?

肌着であれば問題ないのですが、夏場だとTシャツ一枚で脇の下に黄ばみや汗染みが残っていると恥ずかしいですよね。一度黄ばみが残ってしまうと落としにくいこともあり、お気に入りの洋服がダメになってしまったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

実は、わきが体質だとそうでない人に比べて黄ばみが残ってしまう可能性が高いといわれているのですが、恥ずかしい思いをしないためにも黄ばみの原因や落とし方についてお話していきます。

わきがだとシャツに黄ばみや汗染みが残りやすい!?

脇の下にはエクリン腺とアポクリン腺という汗腺があり、そのうちアポクリン腺がわきがの原因だといわれています。

【エクリン腺】
臭いのもととなる物質も含みますが、基本的には無色透明でそのほとんどが水分。

【アポクリン腺】
脂質やタンパク質を含み、やや乳白色ともいわれます。リポフスチンという黄ばみの元となる成分も含まれる

わきがの場合にはこのアポクリン腺が多く分布しているために独特の臭いがしてしまうのですが、同時にリポフスチンも多く発生してしまうために黄ばみができやすくなってしまいます。

黄ばみの原因「リポフスチン」とは?

リポフスチンというのは色素の成分で、今お話したようにアポクリン腺から出る汗に含まれるのですが、多くの日本人は黄色か茶褐色であり人種や年齢によっても異なるといわれています。

リポフスチンは、細胞質内の不飽和脂肪酸の過酸化によりリソソーム内に形成される不溶性色素。リソソームによって細胞内消化された異物の残余物質であり、加齢性色素あるいは消耗性色素とも呼ばれる。
引用:ウィキペディア「リポフスチン」

この後お話しますが、これだけが直接的な原因ではなく、わきが体質でなくともシャツなどに黄ばみや汗染みができてしまう場合があります。それが制汗剤の使用によるものです。

制汗剤の使用による黄ばみの可能性も!

制汗剤が黄ばみや汗染みの原因にも
一部を除き、一般的に販売されている制汗剤には制汗・消臭効果、芳香効果を発揮させるために様々な化学物質が含まれているということは感覚的にはお分かりだと思います。

これらの化学物質が必ずしも黄ばみの原因になるわけではないのですが、使用者の体質(汗の質や皮膚の質)によっては反応を起こしてしまい黄ばみができることもあるようです。

体質には個人差があるため、どの制汗剤を使うと良くないのかということは使ってみないとわからないということになってしまいますが、簡単に判断する方法が“制汗剤の使用を中止する”という方法です。

一時的に制汗剤の使用を中止して黄ばみの原因を確かめる

中止する期間としては1週間~10日間程度ですが、その間、制汗剤を使わないことによって黄ばみの原因を確かめることができます。

中止している間に使用したシャツなどに黄ばみができるのであれば、制汗剤が原因であるということは考えにくいといえます。

わきが体質だとそれだけの期間制汗剤を使わないというのは少し辛いですが、原因を突き止めるためには適した方法です。

黄ばみや汗染みを残さないための予防法

今お話したように、制汗剤を中止する方法で制汗剤が黄ばみの原因だとわかったら違うものを使えばよいわけですが、自分の汗が原因だとわかったら予防や対策を行う必要があります。

落とし方についてはこの後お話しますが、予防や対策を行っておくことで毎回落とす手間を省くことができるので是非参考にしてください。

1.脇汗パットを使って汗染みを残さない

まず最初におすすめしたいのが脇汗パット(脇汗シート)を直接脇に貼って汗染みを残さないという方法です。

こちらは楽天でも人気ランキング上位の商品ですが、通気性・伸縮性もあり、肌色なので白いシャツなどでも貼っていることが分かりにくいのでおすすめです。

また、貼るタイプではなく、インナーとして着るタイプのものもあります。

実は、貼るタイプの脇汗パットよりもインナータイプは人気が高く、脱がない限り、もしくは脱いだとしても脇汗用のインナーだとは分かりにくいというのが特徴です。

どちらにしても脇汗によるシャツの黄ばみだけでなく、色物のTシャツで起こりやすい汗染みを防ぐことができるので取り入れてみてはいかがでしょうか。

2.化学物質の含まれていない無添加の制汗剤を使う

シャツの黄ばみはわきがだけでなく、制汗剤による場合もあるとお話したわけですが、特にパウダータイプの制汗スプレーは吸着しやすい性質があるため汗染みが残りやすい可能性があると考えられます。(※経験による個人的主観です)

だからといって他の制汗剤がシャツに残らないかというとそうでもないのですが、様々な化学物質が原因となり得るため、無添加でできるだけ余計な成分が入っていない制汗剤を使うことが望ましいといえます。

無添加タイプなどの制汗剤はこちらの記事でご紹介していますので参考にしてください。
制汗剤ランキング

3.ボトックス注射によって脇汗自体を出ないようにする

ボトックス注射
シャツの黄ばみや汗染みはそもそも脇汗によるものですので、脇汗自体が出ないようにするということも一つの予防法です。

脇汗が出ないようにするにはボトックス注射という治療法があります。

A型ボツリヌス毒素製剤(商品名ボトックス)を注入することにより、汗の分泌を促進させる神経伝達物質アセチルコリンを抑制させ、発汗自体を抑制させる。1回の注入で4ヵ月から6ヵ月間効果が持続する。
引用:ウィキペディア「腋臭症-ボトックス注射」

ボトックス注射の場合、保険適用の対象とはなりませんが美容整形外科などで施術を受けることができ、価格は有名な湘南美容外科クリニックで12,960円~となっています。

汗染みだけでなく、脇汗自体をどうにかしたいということであればおすすめの方法です。
詳しくは
<湘南美容外科クリニック>

洗濯で落ちない…わきがによる黄ばみや汗染みの落とし方

ここまで、わきがや制汗剤によるシャツの黄ばみや汗染みの原因や予防法についてお話してきましたが、最後に付着してしまったシミの落とし方についてお話したいと思います。

普通に全自動洗濯機で洗濯してもなかなか落ちないので、以下の点に注意してみてください。

①洗濯機で洗う前に漬け置きや部分洗い
②台所用洗剤を使う
③どうしても落ちないときは重曹を使う

洗濯機で洗う前に漬け置きや部分洗い

漬け置き
洗濯機で洗うとどうしても手洗いに比べると洗浄力が落ちてしまいますし、部分的に漂白効果を高めるためにも少し熱めのお湯などで漬け置きをすると効果的です。

手間がかかりますが、時間的には30分~1時間程度漬け置きしておくだけで全然違います。

また、部分洗いの際には手洗いでしっかりと揉みこむように洗い、一旦すすいだ後にさらに漂白剤を気になる部分に付けて洗うとより落ちやすくなります。

台所用洗剤を使う

台所用洗剤
黄ばみや汗染みには皮脂汚れなども含まれているため、界面活性効果の高い台所用洗剤を使って部分洗いすることがおすすめです。

食器を洗う時に油汚れが台所用洗剤でスッキリと落ちることはあなたも体感したことがあると思います。

一般的な洗剤でも構いませんが、より強力な台所用洗剤で部分洗い・手洗いをすることは効果的です。

どうしても落ちないときは重曹を使う

重曹
重曹はアルカリ性質なので、酸性である臭いの除去にも効果的ですし、油汚れに強いことから頑固な汚れ落としとして販売されていることも多いですね。

重曹自体は水に溶けにくいため、直接重曹の粉をシャツの脇部分に擦り込み手洗いすることで隅々まで摩擦が起こり汚れをきれいに落とすことができます。

こちらも手間がかかりますが是非実践してみてください。

\シェアしていただけると嬉しいです/

フォローする